カテゴリー  [非正規労働者問題 ]

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働法制規制緩和の行き着くところ 

求人 7割非正規 沖縄

続きを読む

スポンサーサイト

労働者を差別待遇でズルズルと契約を繰り返し雇い続けるのは人権にかかわる問題だ 

日本郵便 有期契約 無期雇用への転換を 参議院議員が要求

続きを読む

声をあげなければ何も変わらない 

パート・アルバイト「差別」なくなるか? 「改正パートタイム労働法」4月施行

続きを読む

教育現場の教師が偽装請負という不法雇用では「師」という文字の意味がなくなる、教育を託された者は誤った理念で経営するな 

正智深谷高 非常勤講師 偽装請負 県労委が救済命令 埼玉

続きを読む

非正規の怒りが吹き出す 

春闘好調でも 圧倒的多数の非正規 正社員との格差

続きを読む

郵便局で働く半数が非正規労働者、その6割が年収200万円以下で、さらに成果給を導入するという、まさに奴隷労働化した職場をこの日本で許していいのか 

郵政産業ユニオン 「人減らしするな」「非正規を正規に」 全国24の郵便局でスト

続きを読む

この世に労働者派遣法を生き永らえさせてはならない 

主張 派遣改悪再び廃案 雇用破壊を断念させる審判を

続きを読む

学び舎を夢のない職場にしてはならない 

正規への「壁」厚く 非正規講師 県内私立高で増加 福岡

続きを読む

非正規ということだけで不当な差別賃金と待遇は労働者からの搾取ではなく窃取である 

東京メトロ 「正社員と同じ仕事なのに」  契約社員が「格差是正」訴訟を起こしたワケ

続きを読む

ソニー 偽装請負→派遣→期間社員→震災→雇い止め 宮城 

青年大集会に参加します
ソニー仙台の期間社員
自分だけの問題じゃない 一緒に声あげてほしい


10月23日・東京

 「震災だからじゃすまされない! まともな仕事と人間らしい生活を!」をメーンテーマに開かれる「全国青年大集会2011」(23日、東京・明治公園)。テーマを象徴するたたかいをしているソニー労働組合仙台支部(電機連合加盟)の期間社員たちが、青年大集会に宮城実行委員会と一緒に参加します。全国の青年に「一緒に声をあげてほしい」と呼びかけています。



続きを読む

独身女性非正規労働者 39% 賃金格差に不満 

派遣女性ら39%賃金格差に不満 正社員への道なく

 パートや派遣社員として働く独身女性の39%が「同じ仕事の正社員と賃金に差がある」との不満を持っていることが27日、流通や繊維などの労働組合でつくる産業別労組「UIゼンセン同盟」のアンケートで分かった。



続きを読む

社説 「非正規」の年金拡大は公平性と両立を  日本経済新聞 

社説 「非正規」の年金拡大は公平性と両立を

 非正規社員への厚生年金適用を拡大するための議論が、政府の審議会で始まった。企業に雇われているのに厚生年金に加入できず、将来、低年金や無年金に陥る若者の増加が懸念されている。



続きを読む

非正規労働 考える集会 北海道 

非正規労働:考える集会、札幌であす /北海道

 全国の学識者や弁護士らで作る「非正規労働者の権利実現全国会議」(代表幹事・脇田滋龍谷大教授)が17日午後1時から、北海道大(札幌市北区)のクラーク会館講堂で非正規労働の実態などを話し合う「まっとうなワークルールと元気な労働運動で なくそう!ワーキングプア」を開く。



続きを読む

派遣労働者 16%減 震災の影響か 厚労省発表 

派遣労働者16%減=6月時点、震災の影響か-厚労省

 厚生労働省は16日、6月1日時点の派遣労働者数(速報値)が前年同時点に比べ16.0%減の122万1156人となったと発表した。派遣会社が全国の事業所5万5786カ所について提出した報告書を集計した。製造業に従事する派遣労働者は9.4%減の22万37人だった。東日本大震災の影響で、派遣労働の需要が縮小したためとみられる。



続きを読む

社説 厚生年金拡大 「非正規」の老後に安心を 北海道新聞 

社説 厚生年金拡大 「非正規」の老後に安心を

 厚生労働相の諮問機関「社会保障審議会特別部会」がパートなど非正規労働者に厚生年金の適用を拡大するための議論を始めた。



続きを読む

パート研究会 「正社員並みパート」拡大の報告書 厚労省 

「正社員並みパート」拡大求め報告書 厚労省の研究会

 厚生労働省の「今後のパートタイム労働対策に関する研究会」は15日、パートタイム労働法で、賃金や処遇について正社員との差別が禁止される「正社員並みパート」について、適用範囲を拡大するよう求める報告書をまとめた。対象者を増やして、パートの処遇改善を進めるのが狙いだ。



続きを読む

パートや派遣 依存度80% 「事業に不可欠」 厚労省調査 

パートや派遣への依存度増す 80%が「事業に不可欠」

 パートや派遣社員など雇用期間を限定して働く有期契約労働者を雇う企業の80%が「雇用しないと事業が成り立たない」と考えていることが14日、厚労省の調査で分かった。09年の前回調査(54%)に比べ26ポイントアップしており、企業の有期契約労働者への依存度が増している実態が浮かび上がった。

 調査は今年7月に実施。大震災の被害が大きい岩手、宮城、福島の3県を除く全国の約5800社が回答。

 それによると「雇用しないと事業が成り立たない」とした理由は複数回答で「人件費が増大するから」が51%で最多。「業務の変動に正社員だけでは対応できないから」が38%。

2011/09/14 11:19 【共同通信】
を引用しました

社説 中間層の拡大 非正規雇用を減らそう 中日新聞 

【社説】 中間層の拡大 非正規雇用を減らそう

 野田佳彦首相は日本経済復活の課題として「中間層の厚み拡大」を取り上げた。その方向に異論はない。確実に実現するには低賃金に象徴される非正規雇用を減らし、新成長戦略を推進することだ。



続きを読む

若者25% 収入不安定 雇用不満 長崎 

若者25%収入不安定 雇用不満浮き彫り 県調査

 県は、友人や家族との関係や就労などに関する若者の意識調査の結果を公表した。全体の約4分の1が非正規社員やパートなど身分や収入が不安定な立場にあり、多くが雇用状況などに不満を感じていることが明らかになった。



続きを読む

非正社員 38・7% 過去最多更新 厚労省調査 

非正社員38・7% 過去最多を更新 厚労省調査

 企業に勤める労働者のうち、パートや派遣など「非正社員」の割合は昨年10月1日時点で38・7%となり、平成19年の前回調査から0・9ポイント増加し過去最多を更新したことが29日、厚生労働省の調査でわかった。昭和62年の調査開始以降、非正社員の割合は右肩上がりで増えており、厚労省は「企業が雇用調整のしやすい労働形態に依存している傾向が続いている」としている。



続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。