カテゴリー  [震災 ]

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発は日本には必要ない 2件 

大飯原発差し止め訴訟 控訴審 福井地裁判決の是非を問う
反原発派市民訴え 「理解進んでない」 県庁前で集会 鹿児島

続きを読む

スポンサーサイト

震災・原発事故 高校生11人中退 理由「家計支える」「通学困難」 

大震災・原発事故で中退=東北3県、高校生11人―「家計支える」「通学困難」

 東日本大震災や東京電力福島第1原発の爆発事故が原因で、高校を中途退学した生徒が岩手、宮城、福島の3県で計11人いることが分かった。「親の失業で苦しくなった家計を支える」「転居先からの通学が難しい」ためだという。同じ理由で震災以降休学を続けている生徒もおり、雇用環境が改善されない限り今後も退学者が出ることが懸念されている。



続きを読む

JR常磐線 再開 乗客・社員の安全確保されず 反対スト 動労水戸 

JR常磐線 久ノ浜-広野再開 動労水戸は反対スト

 東日本大震災と福島第一原発事故の影響で運休していたJR常磐線の久ノ浜-広野駅間(いずれも福島県)は十日から運転が再開される。通常の五割程度のダイヤで運行する予定。JR東日本水戸支社によると、同区間の一部は原発から半径三十キロ圏内にあるが、継続的に放射線量を測定し、沿線自治体と協議した上での判断で再開に問題はないという。



続きを読む

被災地求職者 就職2割 失業手当切れ急増 

 本日は6件の引用記事を掲載しました。
 先日も台風12号による記録的な豪雨で近畿地方を中心に甚大な被害がありましたが、ここでも自然災害に対する「想定外」という言葉が報道等で見受けられました。
 日本の温暖な気候による自然の恵みの中での生活は、人に自然の怖さを忘れさせるものです。さらに技術進歩による快適な生活は、人に自然を支配したと錯覚させ、実際は自らが作り出した薄っぺらな安全神話の中での生活なのかもしれません。
 「想定外」の罹災するとそこに貧困という現実が待ちうけていることを事前に「想定」できる能力は各個人にはあるはずで、そのため経済的に少しでも余裕があれば貯蓄に励んで「想定外」への対策をしてきたのではないでしょうか。
 しかし労働者の非正規化や賃金配分率の低下により、そうした個人的な「想定外」対策が困難になる中、自然災害による打撃は地方や過疎地の労働者ほどより深刻な影響となって陰を落とすのは明らかで、経済効率ばかりを追う考え方の中ではこの「想定外」を解決するより具体的な手がかりは見えてこないのではないでしょうか。

被災地の求職者、就職2割 10月から失業手当切れ急増

 東日本大震災後、岩手、宮城、福島の3県のハローワークに登録した被災求職者のうち、7月末までにハローワーク経由で就職した人は約2割にとどまることがわかった。失業後に受けていた雇用保険(失業手当)の給付期限を迎える人も来月中旬から急増し、このままだと、仕事がないまま無収入となる人が毎月数千人単位に上る可能性がある。



続きを読む

震災 未払い賃金 8割支給 国が立て替え制度 

東日本大震災:未払い賃金8割支給 国の立て替え制度

 震災の影響で企業が倒産または倒産状態になったことに伴い、賃金が未払いのまま退職を余儀なくされた労働者に、国が賃金の一部を立て替え払いする制度がある。退職金を含む未払い賃金の8割相当額を受け取れる。退職から6カ月以内の申請が求められ、震災発生日の退職の場合、9月11日までが申請期限。ただし、11日が日曜日のため、今回は12日まで申請することができる。



続きを読む

労災請求 被災3県で1500件 宮城1000件突破 

労災請求、被災3県1500件=宮城1000件突破-東日本大震災で・労働局

 宮城労働局は16日、東日本大震災で仕事中などに死亡した人の遺族に支払われる労災保険の請求件数が、宮城、岩手、福島の被災3県で15日時点で計1535件に達したと発表した。



続きを読む

千葉県 被災者160人 非常勤雇用 

被災者160人を雇用
半年間の非常勤 生活再建を支援 来月から千葉県


 東日本大震災で県内に避難してきた被災者らを対象に、千葉県は9月から、約160人を非常勤職員として雇用する。仕事を失った被災者の生活再建を支援する狙いで、今月5日から県内のハローワークで募集を始めた。県は「大震災関連の事務が増えており、被災者にはこれらの事務補助に当たってもらう」としている。



続きを読む

労災申請 半数未満 被災3県 

労災申請、想定の半数未満=被災3県の死者、不明者ら-周知に課題も・東日本大震災

 東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手、宮城、福島の3県で、仕事中に地震や津波で負傷したり、死亡したりした人が対象となる労災保険の申請件数が、厚生労働省の想定の半数未満にとどまっていることが28日、分かった。



続きを読む

被災者雇用 助成金 最大20万円  厚労省 

厚労省、被災者雇用で助成金 職業訓練1回あたり最大20万円

 厚生労働省は25日、東日本大震災の被災者を雇った中小企業に対し、職業訓練に必要な経費を助成すると発表した。仕事に必要な技術を新たに教育する場合、1回の訓練に最大20万円を助成する。外部の教育機関に委託するだけでなく、仕事をしながら教育を受ける職場内訓練(OJT)も助成対象にする。職業訓練を通じて職種を超えた再就職を円滑にするのが狙いだ。



続きを読む

気仙沼 求人倍率最悪 宮城 

気仙沼、雇用どん底 水産業壊滅で求人倍率県内最悪

 東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県気仙沼市で、多くの住民が職を失い、先の見えない生活を送っている。雇用の7割を支えるといわれた水産業が津波で壊滅し、離職者が激増したことが響いた。5月の有効求人倍率は県内最悪の0.17倍。雇用不安が広がる港町で、苦境にあえぐ人々の声を拾った。
(神田一道)



続きを読む

内定取り消し 高卒者110人 福島 

内定取り消し:3月新規高卒者で110人 震災と原発事故追い打ち /福島

 県内の今年3月の新規高卒者のうち内定を取り消された者が6月末現在で、27校110人に上ることが県教委の調べで分かった。ゼロだった昨年同期から一転して、100人を超えた。県教委は「低迷する雇用情勢に加え、東日本大震災と福島第1原発事故が追い打ちをかけたのではないか」と分析している。



続きを読む

解雇・雇い止め 793人 秋田 

解雇や雇い止め、3割増の793人 県内、震災から5月末まで

 東日本大震災が発生した3月11日から5月末までに、県内で解雇や雇い止めされた人が計793人に上ることが、秋田労働局のまとめで分かった。前年同期との比較では193人、32・2%増加した。震災による物流の断絶やその後の電力不足により、受注回復が見込めないとして、主に製造業で人員整理に踏み切る動きが続いた。



続きを読む

震災遺児 半数母子家庭 父子家庭は3割 

東日本大震災:遺児世帯の半数が母子家庭 父子家庭が3割

 東日本大震災で親などの保護者が死亡・行方不明となった震災遺児世帯のうち、半数が母子家庭となっており、次いで父子家庭が3割、両親ともいない世帯も2割に上ることが27日、あしなが育英会(東京都千代田区)の調査で分かった。また、保護者で働いているのは6割にとどまり、17%が非正規雇用、9%が求職中だった。同会は、最終的に遺児の数は2000人を超えると見ており、さらなる支援を呼びかけている。



続きを読む

被災者優遇 求職者支援 厚労省 

厚労省、求職者支援で被災者優遇へ

 厚生労働省は22日、今年10月からスタートする求職者支援制度について、東日本大震災の被災者に受講要件の緩和などの優遇措置を設ける方針を固めた。被災者は同時に複数の講座で学んでもよいこととするほか、別荘など自宅以外の土地・建物を持っていても、訓練中は月10万円の生活給付をもらえるようにする。職業訓練を積極的に受講してもらい、失業した人の就労につなげる。



続きを読む

混雑するハローワーク やり場のない怒り 福島 

混雑するハローワーク=原発事故で避難、失業―二重苦、やり場のない怒り・福島

 福島県内のハローワークは、東日本大震災や福島第1原発事故の影響を受け、失業した被災者で混雑している。自宅が計画的避難区域内にあり失業後に避難生活を強いられた人や、事故当時に県内にいたことを理由に書類選考で落とされたと訴える人もいる。



続きを読む

震災 過労死10件 突然死や自殺 弁護士団体調査 

震災関連の過労死10件 突然死や自殺

 被災地の応援に派遣された公務員がうつ病になって自殺したり、社内の災害対策本部で長時間労働した課長が突然死したりするなど、東日本大震災に関連した過労死や過労自殺とみられるケースが全国で約10件あったことが9日、過労死弁護団全国連絡会議のまとめで分かった。



続きを読む

震災仮設住宅建設 地元発注わずか 宮城 

地元業者へ発注わずか 仮設住宅建設、雇用につながらず

 宮城県内で、東日本大震災の被災者向け仮設住宅約2万3000戸の建設をめぐり、地元業者がいら立ちを募らせている。県発注分は大手メーカーが中心で地元の受注はごく一部にすぎず、被災市町も発注を県に委ねるケースが多いからだ。「地域を顧みていない」と不満を示す地元業者に対し、県や被災市町は「スピード重視」「手が回らない」と説明。地元産業の活性化と避難者の早期入居のはざまで、あつれきが生じている。



続きを読む

飯舘村 住民パトロール隊 臨時職員120人採用 福島 

福島・飯舘村で住民のパトロール隊 臨時職員120人採用

 福島第1原発事故で全域が計画的避難区域に指定されている福島県飯舘村で6日、村外に避難した住民が留守宅などをパトロールする「いいたて全村見守り隊」の出発式が行われた。



続きを読む

解雇、雇い止め 604人 秋田 

解雇、雇い止め計604人 震災後の県内

 東日本大震災が発生した3月11日から4月末までに、県内で解雇や雇い止めされた人が、18事業所の計604人に上っていることが4日、分かった。このうち製造業は全体の半数を占め、震災による物流寸断の影響の大きさが際立った。前年同期比では221人、57・7%の大幅増となった。



続きを読む

離職・休業者 2万5000人 福島 

震災後の離職・休業者2万5000人=福島

 福島労働局は31日、東日本大震災に伴う福島県内の離職者・休業者数が累計で約2万5000人(26日時点)に上ると発表した。約1カ月間で約1万1000人増えた。震災直後に県外に避難し、離職・休業証明書の交付を受けた人も含めたため、大幅な増加となった。同労働局は「風評被害により、観光業界での解雇件数が増えていることも一つの要因」とみている。



続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。