スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001年活動報告 

12月
○夢前リハビリセンター訴訟で裁判所が和解を提示しました。
 ユニオン組合員の原告Aさんは身分保障と賃金保障を条件に和解に応じる意思表示をしました。

○裁判で争っている姫路市内タクシー会社に団体交渉を申し入れましたが拒否されました。これは交渉を義務付けられた法を無視する行為です。

○赤穂市内のタクシー会社と団体交渉をしました。
 交渉で西播地域ユニオンは、賃金、手当などの明確化と年休制限の解消など5項目を会社側に約束させました。

○小野市の金属加工製品製造販売会社との団体交渉で会社側がAさんに解雇予告手当と解決金を支払うことで決着しました。

11月
○小野市の金属加工製品製造販売会社から不当解雇されたAさんをめぐって、会社側と1回目の団体交渉を行いました。

○西播地域ユニオン第2回総会を開催しました。
 来賓として谷川姫路市議、兵庫民報・伊藤記者が観えられました。

○教職員の待遇改善など教育問題要請行動に参加しました(中播磨教育事務所)

○姫路市内タクシー会社裁判原告のCさんが全労連全国討論集会に参加しました。

○姫路市内タクシー会社と当ユニオンCさんの裁判で被告への証人尋問が行われ被告反論のデッチアゲが法廷で明らかとなりました。

10月
○西播地域教育研究集会に参加し、労働相談の実態を報告しました。

○国際反戦デー西播統一集会とデモに参加しました。

○西播労連第14回定期大会に参加しました。

○西播地域の運送会社のトラック運転手が事故を起こした事を理由に、会社側から損害賠償を請求されていました。
 西播地域ユニオンは会社側に損害賠償の請求取り下げと未払いの賃金1か月分の請求を求めた交渉でこの二つの問題を解決しました。

○赤穂市内のタクシー会社運転手が本人の不注意により会社の物品を破損した事から、会社に損害賠償として200万円の請求をされました。
 西播地域ユニオンは会社と交渉し無事故手当てをカットすることのみで和解させました。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。