スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西播総決起集会を開催 

西播総決起集会
姫路労働会館で


 2009年3月29日に姫路労働会館で「派遣切りを許さず正社員化を勝ち取ろうと銘打って西播総決起集会が開催されました。

 関西各地から280名が姫路に集結し大阪、京都、滋賀、愛知、徳島、岡山から派遣切りで闘っている仲間が参加し、闘いの宣言を発表、集会を盛り上げました。私たちユニオンからも9名が参加しました。

 集会後、御幸通りなどを「大企業の横暴を許すな」などのシュプレヒコールを響かせながらデモ行進しました。

スポンサーサイト

日本トムソン姫路工場 是正指導 

労働局、直接雇用促す
日本トムソンに是正指導
兵庫 派遣労働者の申告うけ


 ベアリングメーカー、日本トムソン姫路工場の派遣労働者十三人が、直接雇用するよう行政指導を求めていた問題で、兵庫労働局が直接雇用を促す内容の是正指導を行ったことが二十四日、分かりました。各地で相次いでいる申告で、是正指導が明らかになったのは初めて。労働者が加入するJMIU(全日本金属情報機器労組)兵庫地方本部と日本トムソン支部が、記者会見して明らかにしました。

 労働者は、偽装請負を含めて派遣可能期間(最長三年)を超えて五年以上も働かせられながら、日本トムソンが派遣契約を打ち切ることにしたため、派遣元のプレミアラインから三月末で解雇を通告されていました。

 組合によると、労働局が是正指導したのは二十三日。派遣法(期間制限)と職安法(労働者供給禁止)に違反していると認定。三月末で解雇することは許されず、雇用の安定を講ずることを条件に、派遣先と派遣元が相談して一カ月の間に是正するよう求めました。

 派遣元が廃業するもとで、直接雇用の助成制度も案内するなどして、派遣先に対して雇用を確保するよう促しました。

 労働者に対し労働局からは「三月末での解雇は当然許されず、雇用を確保するということだ」と説明があったことも明かしました。

 前尾良治・JMIU日本トムソン支部委員長は、「申告から一カ月余の短期間で、また解雇予定前に是正指導した意味は大きい。これを受けて、解雇を撤回させ、日本トムソンに正社員化を求めていきたい」と話しています。

2009年3月25日(水)「しんぶん赤旗」

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2009-03-25/2009032501_01_0.html

-------------------------------------------

 お隣の日本トムソンが兵庫労働局から是正指導を受けました。これで会社側は何らかの対策を取らねばならないでしょう。よい結果が出る事を祈っています。

コープベーカリー 労働審判 

偽装請負 不当な解雇
元派遣社員が労働審判申し立てへ


 コープこうべ(神戸市東灘区)の関連会社で派遣社員として働いていた神戸市の女性(35)が、「違法な『偽装請負』で働き続けた上、不当に解雇された」として、両社に正社員としての地位確認などを求める労働審判を近く神戸地裁に申し立てる。

続きを読む

無料・ミニ派遣村 姫路駅前相談 

駅前相談会を開催

 格差社会をなくす共同行動実行委員会(西播労連、姫路民商、姫路総合法律事務所、新日本婦人の会姫路支部、日本共産党西播地区委員会)は、去る3月18・19日の2日間JR姫路駅南広場にテントを設営し無料の雇用相談、法律相談、生活相談、営業相談を開催しました。

 委員会は、事前に姫路市内で3万枚のビラを市内で配布していました。

 2日間で相談を受けた人数は36名、件数44件、このうち労働相談は11件あり、うち何件かは団体交渉に取り組むこととなります。

日本化薬 提訴 

正社員雇用求め、日本化薬を提訴
姫路の派遣男性 


 火薬類製造販売の日本化薬(東京)姫路工場で、今年一月末まで派遣社員だった姫路市内の男性(50)が、不当な派遣契約の解除があったとして、正社員としての直接雇用と慰謝料二百万円の支払いなどを求める裁判を六日、神戸地裁姫路支部に起こした。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。