西播労連事務局通信93号 

上部団体の西播労連事務局通信93号をいただいたので掲載いたします

西播労連 事務局通信 93号

小学生レベル 

【社説】 史上初の英断を尊べ 参院選は「違憲・無効」

続きを読む

尾行/日本版CIA/秘密のアベチャン 2件 

秘密保護法案「テロ対策」 旧動燃で判明 労組・職員監視の口実に
社説 陸自秘密情報部隊 憲法否定の暴走許されぬ
特定秘密保護法案 「知る権利、奪うな」 弁護士ら100人デモ 岐阜
特定秘密保護法案 「国民の声を聞け」 約140人反対デモ 茨城

続きを読む

正社員絶滅/青天井/高学歴プア/実感ないんです/湯冷め/45歳以上ちょっとこい 

派遣法改正 正社員から派遣に 置き換え進む可能性
“ずっと派遣のまま” 期間の制限撤廃案 厚労省
研究者の無期雇用転換期限 10年 法改定案反対集会 東京
求人倍率0.98倍 6年ぶり高水準 失業率横ばい 4.0%
大平楽 最賃法違反容疑 書類送検 福岡
エーザイ 埼玉工場売却 希望退職も実施

続きを読む

非人道 

年齢で障害者差別 介護保険強制 原告が意見陳述 岡山地裁

続きを読む

そりゃあいけん 2件/秘密のアベチャン 1件 

参議院選 広島高裁岡山支部 「選挙無効」 判決要旨
参院選 初の「無効」判決 広島高裁岡山支部
特定秘密保護法案 「NO」 昼休みデモ行進 山口

続きを読む

賢明な決定/最低賃金ってなーに 

 ドイツに最低賃金制度がなかったことに驚いたが、さらに驚いたのは最賃を約1180円にするという政治判断だ。ドイツの時給相場が約818円らしいから一挙にアップする。ちなみに日本は764円だ。

 労働規制を緩和し労働者の奴隷化を目論むどこかの国とは大違いである。
 
プジョー 大量解雇のCEO 29億円退職金辞退 フランス
大連立政権を樹立 最低賃金制導入 約1180円 ドイツ

続きを読む

ピンハネ/カースト制ですか/弱い者いじめ/人身売買/そんなに上がってないんですけど 

福島原発 下請け作業員 団交申し立て 東京電力などに
派遣法 期間制限見直し 撤廃と存続の2案例示 厚労省部会
労働相談 「いじめ」最多287件 石川
パナソニック 工場売却 新潟
賃上げ額 4375円 2年連続増加 厚労省調査

続きを読む

頭打ち/貧困連鎖 

55歳超職員 昇給停止 定例県議会 大分
子どもの「貧困」 市民フォーラム 福岡

続きを読む

戒め/貧困大国 

国が銀行員の賞与制限 オランダ
NYの子ども 5人に1人 十分な食事とれず アメリカ

続きを読む

大口雇用2件/騙しのテクニック/お金は金持ちから/格差 

500人雇用 コールセンター完成 山形
JTB 電話予約業務 約90人新規雇用 熊本
職業訓練の給付金詐欺容疑、受講者役14人も逮捕
高給取り 負担増へ 所得控除圧縮検討 政府・与党
公立高校無償化 所得制限 改正法成立

続きを読む

鬼退治が先/企業訪問/子の金に手をつける/3人目ダメ 

県がブラック企業対策セミナー 若者対象 神奈川
障害者雇用率ワースト 知事が企業訪問 三重
県の児童手当差し押さえ 二審も認めず 高裁松江支部
3人目の保育園 入所認めず 那覇地裁

続きを読む

西播労連事務局通信 92号 

上部団体の西播労連 事務局通信92号をいただいたので掲載いたします

西播労連事務局通信92号

840万人反対 

反原発署名 840万人分 衆参両院に提出

続きを読む

ジャングル/メイドインアメリカン 

「アマゾン物流センターの過酷な労働」 BBCが潜入取材 イギリス
日系自動車メーカー 雇用創出40万8511人 総投資額354億ドル アメリカ

続きを読む

秘密のアベチャン 4件 

特定秘密保護法案 労組関係者ら 約250人が反対集会 長崎
秘密保護法案・衆院通過 京や大津で 約230人怒りのデモ
特定秘密法案 300人がデモ行進 兵庫
秘密保護法案 女性団体約300人 銀座で反対デモ 東京

続きを読む

ろっこつ骨折/撲滅/どんどん使って/悪態/嫌老 

「関西ジオスター」 労安法違反容疑 書類送検 和歌山
死亡労災事故 初の撲滅運動 鳥取
資格取得支援 給付金拡充案 最大3年180万円 厚労省
佐川急便 同僚から「死んでくれたらいいのに」 パワハラ提訴 千葉
北九州市 早期退職制度導入へ 45〜56歳対象 福岡

続きを読む

特定秘密保護法反対 緊急抗議声明 

秘密保護法、委員会で強行採決

「Stop!特定秘密保護法反対共同行動in姫路」が緊急抗議声明

 本日、自民、公明両与党は、衆院国家安全保障特別委員会において、特定秘密保護法の審議を打ち切り、採決を強行した。
 私たち「Stop!特定秘密保護法反対共同行動in姫路」は、この暴挙について、自民、公明両与党と、法案に賛成したみんなの党に対して、満腔の怒りを以て強く抗議する。
 特定秘密保護法案の内容が周知されるに伴って、世論の反対が高まっている。
 各種世論調査では賛成意見に数倍する反対の声が寄せられている。
 福島県での地方公聴会では、自民党参考人を含めて、全員が反対意見を述べた。
 全国各地で法案反対の集会やデモなどが起きていることが、メディアにより連日報道されている。
 国会前に集まる反対の人波も途切れることがない。
 国内のみならず、海外からも法案に懸念が寄せられている。
 国連人権高等弁務官事務所の特別報告者が法案に「重大な懸念」を表明し、日本政府に法案についての詳しい情報を提供するよう求めた。
 日本外国特派員協会も秘密保護法に反対する異例の声明を表明した。
 このように、法案の危険性が周知されつつあるさなかの強行採決である。
 野党から提出された修正案の論議もほとんどしないまま、あたかも国民的議論を封殺するが如くに強行採決するやり方は、民主国家にあっては断じて容認できないものである。
 このような強行手法こそが、法案の危険性を示しており、廃案しかないことを確信させるものである。
 わたしたちはこれまで集会・学習会・該当パレード・街頭宣伝などを繰り返し、法案に反対する運動を行ってきた。
 11月28日にも姫路市内において宣伝行動を予定している。
 今後も私たちは、国会における徹底審議と、法案の否決を求めていく。
 あわせて法案の危険性を姫路市民に訴える運動をより一層強化する。
 そして、必ずや廃案に追い込むことを決意し、ここに声明する。

2013年11月26日
「Stop!特定秘密保護法反対共同行動in姫路」
代表 竹嶋健治(弁護士・自由法曹団)

西播労連 事務局通信 91号 

西播労連の事務局通信をいただきましたので掲載します

西播労連 事務局通信91号

秘密のアベチャン2件 

社説 秘密法と沖縄 悪法で憲法壊すのか 過重負担を強要するな
秘密保護法 廃案求め 120人デモ行進 茨城

続きを読む