スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解釈で憲法を変えようとする安倍内閣は日本語の理解できない侵略者、このまま日本を乗っ取らせてはならない 2件 

「解釈での改憲やめろ」 200人デモ 高知
大津市議会 集団的自衛権 反対意見書可決 滋賀

高知)「解釈での改憲やめろ」 高知で200人デモ

2014年6月21日03時00分 朝日新聞デジタル

 安倍政権が閣議決定を急ぐ集団的自衛権の行使容認に反対する緊急集会が20日、高知市役所前で開かれた。県内の平和団体でつくる「郷土の軍事化に反対する高知県連絡会」の呼びかけで、約200人が参加。集会後、「解釈での改憲はやめろ」などと訴えながらデモ行進した。

 集会で、県平和委員会の徳弘嘉孝理事長は「安倍政権がやろうとしていることは9条の考え方を根本から覆すことで、絶対に許されない。私たちの意思で反対を訴え続けたい」と強調。

 集団的自衛権の行使容認について、社民党県連合の久保耕次郎代表は「自衛隊を地球のどこにでも送れるようになる。市民一人ひとりに反対を訴えることが戦争を止める道だ」。共産党県委員会の春名直章書記長は「戦闘地域で人を殺すことに一歩も二歩も近づく。こんな重大な憲法解釈をたった19人の閣僚で変えるのは独裁そのものだ」。新社会党県本部の小田米八委員長は「ここ数カ月、街頭で反対を訴えてきたが、(解釈改憲を)押しとどめる力にはなり得ていない。だが、諦めるわけにはいかない」と、それぞれ訴えた。(長田豊)



大津市議会:集団的自衛権の反対意見書可決 6月会議 /滋賀

毎日新聞 2014年06月21日 地方版

 大津市議会6月会議は20日、憲法解釈の変更による集団的自衛権行使の容認を行わないことを求める意見書を賛成多数で可決した。安倍晋三首相と衆参両院の議長に送付する

 意見書は、憲法9条が徹底した平和主義に立っており、「集団的自衛権の行使を容認していると解釈することは困難」と指摘。安倍内閣が解釈変更した場合、「立憲主義は危機に瀕(ひん)する」としている。

 また、大津市栗原の残土処分場に市の許可を超えた大量の土砂が搬入された問題を巡り、地元住民や隣接地で霊園を経営する延暦寺が申請した公害調停を成立させるための議案も可決した。調停は来月成立する見通し。【石川勝義】


2件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/8419-2da7a2cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。