スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発事故は起こってしまってからでは遅すぎる 

原発事故後のリスク 講演会 鳥取

講演会:原発事故後のリスクを講演 鳥取で29日 /鳥取

毎日新聞 2014年06月23日 地方版

 鳥取市幸町の市人権交流プラザで29日午後1時半から「原発事故後の健康不安に向き合う〜放射能のリスクと子どもの健康」と題した講演会がある。

 東京電力福島第1原発事故後に福島県内などで健康相談などに取り組んできた相模原市のさがみ生協病院内科医、牛山元美さんが「臨床医から見た福島の現状」を話す。また、福島の子供たちを鳥取県内に招く「保養キャンプ」を運営してきた川西清美さん▽小林浩子さん▽立林真己さんが活動を通して「見えてきたこと」を語る。

 資料代など参加費500円。問い合わせは主催する市民団体「えねみら・とっとり」の共同体表、山中さん(080・6173・1318)。【太田裕之】


1件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/8424-26eafc83

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。