FC2ブログ

雇用と安全 ダブルで守れ 愛知県警 

雇用と安全、ダブルで守れ
不況の愛知で県警が一役


 愛知県警は雇用対策として、インターネットの悪質サイト対策のサイバーパトロール員や犯罪多発地域を巡回する調査員などに、新たに失業中の約140人を臨時雇用することを決めた。製造業が盛んな愛知県では有効求人倍率が過去最低を更新、非正規労働者の失職も最多で、対策に県警が一役買う形だ。

 予算は県緊急雇用創出事業基金から約3億5千万円を拠出。県警が失業者雇用を条件に、6カ月未満の期限付きで警備会社などに委託発注する。

 新たな雇用は、サイバーパトロールに8人で、悪質な出会い系サイトを発見するのが仕事。犯罪が多い地域で防犯カメラの設置状況などを調べるのに10人。古物商が営業許可を取ったまま廃業しているケースが多く、店舗実数が合わなくなっているため、営業実態を調べるのに約10人など。

 また女性や子どもを守るため、通学路や公園などを重点的にパトロールする警備員を約70人増やす。いずれも入札で請負企業を決める。

 県警はこれまでに、パトロール警備員約170人を配置したほか、事故が多い交差点などで高齢者を誘導するため10人を雇用、9月に配置する。

 7月からJR春日井駅周辺をパトロールしている井伊孔洋さん(44)は「市民を守るという責任感が芽生えた。やりがいがある。今後も続けたい」と話している。

2009/08/29 06:14 【共同通信】