スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国にできて日本に出来ぬはずはない 

大企業の内部留保に10%課税へ 韓国

2014/07/29 08:14

大企業の内部留保に10%課税へ

 企画財政部(省に相当)幹部は28日、企業が投資も配当も行わず、社内に資金を貯め込む内部留保に課税を行う「企業所得還流税制」の税率を10%に決定したことを明らかにした。大企業が対象だが、業種や利益規模に関係なく一律適用される。

 関連法案は来週、政府・与党による協議を経て、国会に提出される。可決されれば、来年発生する企業の利益から適用される。企業が利益を2016年末までに投資などに充てなければ、17年から課税対象となる。例えば、A社が2015年に1000億ウォンの利益を上げ、16年末までに500億ウォンを投資、配当、賃上げに充て、500億ウォンを内部留保した場合、17年に内部留保分の10%となる50億ウォンを課税する仕組みだ。

 韓国政府は企業が利益の60-70%を配当や投資に充てるよう促す方向で税制を設計した。

 政府は海外投資、税金逃れ目的に企業の合併・買収(M&A)を行う行為、非業務用不動産の取得などは投資として認めないことも決めた。

 一方、チェ・ギョンファン経済副首相は同日、放送記者クラブでの討論会で、「(韓国銀行は)量的緩和が必要だという認識を(政府と)共有していると思う」と述べ、利下げの必要性を改めて強調した。

金正薫(キム・ジョンフン)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


1件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/8484-8ddc26de

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。