FC2ブログ

ヨーカドー石巻中里店 来年1月中旬 閉店 

ヨーカドー石巻中里店
閉店は来年1月中旬


 イトーヨーカドーの店舗再編で、閉店の方針であることが29日分かった宮城県石巻市の石巻中里店は、集客力を誇った市内初の郊外型大型店だった。新たな商業集積が進む同市蛇田地区との競争激化や個人消費後退で、苦しい経営が続いていた。同店によると、閉店は来年1月中旬の予定。

 石巻中里店は1982年、地元スーパーのサンエーと業務提携して共同出店した。売り場面積は約3300平方メートル。昨年度の売上高はピークだった98年度(八十数億円)の6割程度に落ち込んでいたという。今後は、従業員約200人の再就職を支援、建物は取り壊して新たな商業施設の開業も検討するという。

 蛇田地区は、07年にイオン石巻ショッピングセンターが開業後、大型店の出店が続く。市中心部では百貨店さくら野石巻店が08年に閉店し、中里地区でも大型店の閉店や移転が相次いでいた。

 石巻商工会議所の浅野亨会頭は「雇用対策を万全にしたい。消費者が郊外に流出しないよう、市が現在進める中心市街地活性化基本計画の策定を急がなければならない」と話した。

 セブン&アイ・ホールディングス広報センターは「全国で(石巻中里店を含む)4店舗閉店の方向で調整を進めているのは確かだ」と話した。

2009年08月30日日曜日