スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠蔽が原子力行政の体質では済まされぬ 

新潟県 放射能情報の公表申し入れ 原子力規制委員会に 東京

放射能情報の公表申し入れ=新潟県が規制委に-東京

 東京電力福島第1原発で昨年8月、がれき撤去の際に放射性物質が飛散した問題で、新潟県は8日、泉田裕彦知事名で原子力規制委員会に対して、東電への指導や放射性物質に関する速やかな情報公開などを要請した。

 新潟県によると、今後、福島第1原発1号機でがれき撤去が予定されているほか、新潟県には東電の柏崎刈羽原発があることなどから要請した。東電の推定では、昨年8月の福島第1原発3号機のがれき撤去の際にセシウムが最大1兆1200億ベクレル放出され、通常時と比べ放出量が2万8000倍に上った計算となった。

(2014/08/08-16:39)時事ドットコム


1件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/8507-cf039d46

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。