FC2ブログ

雇用保険 新たに1000万人 

大転換、浮上か失速か 雇用保険
派遣など新たに1000万人


 非正規雇用も含めた全労働者に原則、雇用保険の適用を拡大する。派遣労働者ら約1000万人が新たに失業手当の受給対象になると見込んでいる。

 現行は週40時間以上働く人は無条件で加入できるが、週20時間以上40時間未満の派遣労働者らについては「6カ月以上の雇用見込み」が条件だ。これを「31日以上」に短縮し、失業しても実際に6カ月以上働いていれば、一定期間はそれまでの賃金の45~80%を受給できるようにする。しかし、保険料は労働者だけでなく事業主からも徴収される。6カ月未満の短期労働者の保険料は掛け捨てになってしまう懸念もあり、事業主の負担増は必至だ。

2009/8/31 フジサンケイビジネスアイ