スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公的機関の労働法遵守は当たり前 

時間外労働 賃金支払わず 坂出市交通安全推進協 香川

時間外労働、賃金支払わず/坂出市交通安全推進協

2014/08/22 09:43 四国新聞

 坂出市環境交通課に事務局を置く市交通安全推進協議会(会長・綾市長)が、嘱託職員の時間外労働に対して割増賃金を支払っていなかったことが21日分かった。同協議会は長年、別の出勤日の勤務時間を時間外分と同じだけ短縮する対応をしていたが、労働基準法では法定労働時間超過分は25%以上の割増賃金を支給するよう定めており、今月中旬に坂出労働基準監督署が事務局に立ち入り調査に入った。市は労基署の判断に従う方針。

 交通安全の啓発活動などを行う同協議会は市が100%出資する外郭団体。現在は交通指導員として嘱託職員2人を雇用している。

 市によると、嘱託職員が時間外労働をした際、別の出勤日の勤務時間を短縮するだけで割増賃金を支払っていなかったため、今月14、18日に坂出労基署の立ち入り調査を受けた。

 同署は「一般的に、法定労働時間を超えた場合は別の日の勤務時間を短縮しても25%以上の割増賃金が必要」とする。市は「他の外郭団体についても調査し、労基署の方針に沿って対応したい」としている。


1件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/8535-2263c407

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。