FC2ブログ

宝建設 自己破産申請 甲府 

宝建設が自己破産申請へ
推定負債総額は24億円 甲府


 甲府市の建設業宝建設が31日、自己破産申請の準備に入った。推定負債総額は約24億円に上る。

 東京商工リサーチ甲府支店によると、宝建設は1949年に創業し、県や甲府市などが発注する大型建築工事を中心に手がけてきた。ピーク時の2006年7月期には、26億5800万円を売り上げたが、公共工事の減少により業績が悪化。外注への依存が高い上、金融機関から年商に近い借入金があり、資金繰りの目途が立たなくなった。

 推定負債総額は約24億円で、32人の従業員は解雇されたとみられる。

 今年の県内の経営破たんとしては3番目の規模となる。宝建設は現在、甲府・山城小の屋内運動場の建築工事などを手がけているが、甲府市では契約を解除した上で、あらためて入札を実施する予定。

2009年08月31日(月)山梨日日新聞