スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DIOは労働者に全額支払え/労働者の正社員が当たり前の社会こそが本来の姿だ 

DIOジャパン 洋野分未払い給与 8割を支給へ 岩手
労働局と県 正社員への転換要請 4経済団体に 香川

未払い給与8割を10月支給へ 洋野コールセンター分

 コールセンター業のDIOジャパン(業務休止中)が閉鎖した県内子会社で給与が未払いになっている問題で、二戸労働基準監督署(熊谷久署長)は2日、洋野コールセンター(洋野町)の未払い給与額を確定し、元従業員に通知した。未払い額は4~6月の25人約800万円(4月は一部支払い済み)。

 同コールセンターは8月26日、同署から事実上の倒産を認定されていた。未払い額が確定したことで、労働者健康福祉機構による未払い賃金の立て替え払い額も決定。2日に立て替え払いの申請が行われ、遅くとも10月上旬までに未払い給与の8割が振り込まれる。

 同町種市の町役場種市庁舎で開かれた説明会に出席した元従業員の男性(22)は「長い間給与が支払われず不安だったが、生活もだいぶ楽になる」と話した。

 関係者によると、労基署が確定した未払い給与額は釜石コールセンターが14人約370万円(5、6月分)、花巻コールセンターが22人約950万円(4~6月分)。釜石は3日、花巻は5日に従業員へ通知されるとみられる。

(2014/09/03)  岩手日報



正社員への転換を4経済団体に要請/香川労働局と県

2014/09/03 09:43 四国新聞

 香川労働局と県は2日、県内の経済団体4団体に人手不足が深刻な業種の雇用条件改善や、非正規労働者から正社員への転換促進を要請した。雇用情勢が改善する中、官民が一体となって働きがいのある職場づくりをいっそう促進する。

 要請は、少子高齢化や若者の県外流出による労働需給のひっ迫を食い止めようと、香川労働局が本年度から取り組むキャンペーンの一環。県内は介護や看護、建設など一部の業種が慢性的な人手不足になっているほか、雇用者全体の35・3%が非正規労働者で占めていることから、雇用環境改善に向け経済団体の協力を求めた。

 この日は、同局の加藤敏彦局長と県の伊勢野正憲商工労働部長が県商工会議所連合会、県経営者協会、県商工会連合会、県中小企業団体中央会を訪問。県商工会議所連合会の竹崎克彦会長を訪ねた加藤局長は「働きやすい、働きがいのある職場づくりへ協力をお願いしたい」と要望。これに対し、竹崎会長は「会員企業に声を掛けるなど協力させていただきたい」と応えた。


2件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/8565-a81fca69

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。