スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7割強は異常な数字、労働現場の安全意識低下によってもたらされる命の危機/ほか 

建設工事現場 77%で安衛法違反 岩手
平成25年雇用動向調査結果の概況 厚労省

建設工事現場の77%で違反 県内、安全衛生法調査

 岩手労働局(弓信幸(ゆみのぶゆき)局長)は8日、5~7月に重点的に行った立ち入り調査の結果、県内建設工事現場217カ所のうち167カ所(77%)、製造業などの事業所103カ所のうち88カ所(85%)で労働安全衛生法違反があったと発表した。重大な労災事故につながる恐れが大きい転落や機械災害防止の不備が多く、同局は安全意識に問題があるとみて企業に改善を求める。

 同局は今年独自に5~7月を死亡労働災害防止強化期間と設定。労働基準監督署が過去の指導状況などを参考に対象を選び、抜き打ちで調査した。

 建設工事現場の違反は転落防止措置不備が120カ所(55・3%)と最多。高所作業に必要な手すり、開口部への覆いや囲いを付けていない例が多かった。32カ所(14・7%)あった建設機械災害防止違反では、運転中の重機に労働者の接触を防ぐ誘導者配置を怠るなどの例があった。

 食品、木材、金属製品といった製造業などの事業所で最も多かった違反は、機械災害防止措置不備で55カ所(53・4%)。労働者が機械に巻き込まれるのを防ぐ覆いや囲いを付けていなかったり、機械を止めずに掃除や検査をする例が多かった。

 同局は労災事故発生の危険が大きいとみた建設現場35カ所と事業所19カ所に、作業や機械使用の停止などの命令を出した。

(2014/09/09) 岩手日報



平成25年雇用動向調査結果の概況 厚労省
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/14-2/index.html


2件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/8581-59ef4cda

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。