スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非正規労働者いじめ以外のなにものでもない/格差と貧困は場合によっては人口減をも誘引する/公契約条例は地方から格差と貧困を解消する手法だ/自治体は法令遵守が当たり前/赤字のツケを労働者にまわすのか 

日本郵便 遅刻1回で時給減 契約社員と和解 兵庫
社説 [地方創生] 自主性と多様性生かせ
加賀市 年明けに検討委 北陸初 公契約条例制定へ 石川
川崎市 市バスで過剰労働 神奈川
ソニー 最終赤字2300億円 1000人削減へ

遅刻1回で時給減 契約社員、日本郵便と和解

2014年09月17日 読売新聞

 1度の遅刻で時給を14%減額したのは不当として、神戸市長田区の郵便局に契約社員として勤務する30歳代の男性が、日本郵便に減額分約24万円の支払いを求めた訴訟が地裁(工藤涼二裁判官)であり、日本郵便が約22万円を支払う内容で和解が成立した。8月26日付。

 訴状などによると、男性は2003年7月から勤務。12年7月、寝坊で約20分遅刻したところ、就業規則に基づいて、同年10月から13年3月まで時給を14%減の1250円に引き下げられたという。

 日本郵便の就業規則について、男性側は、制裁による減給を10分の1以内と定めた労働基準法に違反していると主張していた。

 日本郵便近畿支社(大阪市)は「和解は事実だが、コメントは差し控えたい」としている。



社説[地方創生]自主性と多様性生かせ

2014年9月17日 05:30 沖縄タイムス

 地方の問題に対する関心が低いとの印象を与えていた安倍政権が、来春の統一地方選を意識し、地方創生に向けた取り組みを加速させている。

 地方創生の司令塔となる「まち・ひと・しごと創生本部」の初会合で安倍晋三首相は、人口減少対策と地方の活性化を実現するため、「従来とは異次元の大胆な政策をまとめていく」ことを明らかにした。29日に召集される秋の臨時国会に地方創生関連法案を提出する予定だ。

 なぜ今、地方創生なのか。その背景にあるのは人口減少に対する強い危機感である。

 日本創成会議・人口減少問題検討分科会が5月に発表した消滅可能性のある自治体リストは、関係自治体だけでなく政界にも大きな反響を呼んだ。

 若年人口が減ることで地域経済の活力が奪われ、人口流出に拍車がかかる。全国知事会は7月、「少子化非常事態宣言」を発し、国・地方を通じた総合的な対策を求めた。

 人口減少に加えて、政府・自民党の中には、安倍政権の目玉経済政策である「アベノミクス」の恩恵が地方に届いていないという危機感もある。この二つの危機感が統一地方選を前にして結びついたのが地方創生構想である。

 しかし、現時点では懸念材料も少なくない。

 規制緩和を柱とする安倍政権の成長戦略と今回の地方創生は、政策的な整合性がとれるのだろうか。地方衰退の一因となった政策を温存しながら、地方の活性化をはかろうとしているようにもみえるのである。

    ■    ■

 地方創生が何を意味するのか、その具体的な中身はまだはっきりしない。地方への権限移譲を柱とする分権改革と地方創生の関係もあいまいだ。

 何よりも重要なことは、国が「上から目線」で画一的な政策を地方に押しつけるようなことがあってはならない、という点である。

 沖縄県は1人の女性が生涯に出産する子どもの数の平均を示す数値(合計特殊出生率)が全国で最も高く、人口の増加率も全国トップクラス。人口減少問題に対する深刻さの度合いは他府県と異なる。

 沖縄の場合、離島での雇用創出による人口流出防止と「格差と貧困」への対応が最も重要だ。少子化は、社会経済的な理由に基づく現象である。「非正規雇用のため給料が安く結婚に踏み切れない」「非正規雇用のため出産後の子育てに不安がある」と、ためらう若者も少なくない。

    ■    ■

 積年の課題であった失業率が改善されたとはいえ、非正規雇用が依然として多く、格差解消にはほど遠い。

 県経済が比較的順調に推移しているにもかかわらず、「格差と貧困」の問題が目に見える形で改善していないのはなぜなのか。雇用を拡大すると同時に、その質を改善し、全体を底上げするような政策が必要だ。

 地方の自主性を尊重し、内発的な発展の契機を引き出し、国として側面から支援するような持続可能な仕組みをつくることが求められる。 



年明けに検討委/北陸初、公契約条例制定へ/加賀市

 石川県加賀市は、公契約条例の制定に向けて、2014年度第4四半期にも検討委員会を立ち上げる。庁内では既に発足準備を進めており、北陸初の条例化へ本格的な議論に入る方針だ。

 宮元陸市長は市長就任時のマニフェストの1つとして、「持続可能なものづくり技術の集積地を目指す」ことを掲げている。そのうち、労働環境の改善では「市が業務を発注する際には、一定額の最低賃金の保証やワークライフバランスなどに取り組む企業を優先して発注するよう、公契約条例を制定する」意向を示している。

 検討委員会の事務局を務める市財政課では、運営に必要な資料を集めるとともに、委員構成などを協議している。委員については有識者の参画を視野に14年内に調整したい考えだ。

 会合では先進地の調査、同条例の概要や制定までのスケジュール作成などを計画しているという。

 公契約条例は、公共調達の受注者に、自治体が定める作業報酬下限額以上を労働者に支払うことを求める制度。「官製ワーキングプア」の解消などに期待が寄せられており、北陸地域でも同条例への関心は高まりつつある。ただ、加賀市のように具体的に動き出す自治体は北陸地域でほかに例がなく、実現すれば先進的な事例となる。

[ 2014-09-17 7面]建設通信新聞



市バスで過剰労働 川崎市長「労務管理の徹底を」

2014年9月17日 東京新聞

 川崎市の市バスで八月、少なくとも運転手二人が労働基準法などが定める労働時間の限度を超えて勤務していたことが分かり、福田紀彦市長は十六日の記者会見で「労務管理の徹底を指示する」と再発防止に取り組む姿勢を示した。

 市交通局によると、市バス運転手の拘束時間は時間外勤務を入れて週五二・五時間ほど。厚生労働省の改善基準告示で可能となる週六十五時間以内をクリアしているが、塩浜営業所で八月、四十代と五十代の男性運転手二人の拘束時間が週八十時間以上になった。七~九月は夏休みをとるため、拘束時間が偏ったという。

 運転手は塩浜営業所で百六十九人、市全体で三百八十一人。同局は「人数は基本的には足りている。が、(夏休み対策で)限度超え勤務がまだ複数ある可能性を考え、全営業所で確認作業を進める」としている。

 また、天下り対策で市は今年三月、市職員らの再就職先での任期を原則六十五歳までとした。幸区のミューザ川崎シンフォニーホールの指定管理者である市文化財団の理事会が、五月に元教育長の男性(68)を理事長に再任したことに、福田市長は「ルールから外れている。徹底してもらえるよう各法人にお願いしていく」と述べた。

  (山本哲正)



ソニー初の無配、最終赤字2300億円 1000人削減へ
15年3月期、スマホ不振で


2014/9/17 21:21 日本経済新聞

 ソニーは17日、2015年3月期の連結業績見通しを下方修正するとともに、1958年の上場以来初の無配になると発表した。中国勢などとの競争激化で不振が続くスマートフォン(スマホ)事業の減損処理で1800億円の損失を計上し、最終赤字は当初見込みの500億円から2300億円に拡大する。エレクトロニクス分野の中核であるスマホの立て直しに向け、さらに1000人規模を削減する方針も明らかにした。

 最終赤字はリーマン・ショック直後の09年3月期以降で6回目となる。業績悪化が鮮明になった後も配当は続けてきたが、株主配分より財務改善を優先せざるを得なくなった。記者会見で平井一夫社長は「経営陣として大変重く受け止めている」と陳謝した。

 下方修正の最大の理由は、平井社長らがエレキ分野の再建の担い手と位置付けてきたスマホ事業が想定以上に苦戦していることにある。

 スマホ市場は世界の出荷台数が4~6月に2割増えて最高になるなど成長が続いている。ソニーも最新の機能とデザイン性が売り物の高級機種「エクスペリア」が人気だが、圧倒的なブランド力を誇る米アップルの「iPhone」、低価格を武器にシェアを伸ばしている中国製品などに押され気味だ。

 7月末に、今期の販売台数計画を4300万台(前期比10%増)と従来計画から700万台引き下げた。「普及価格帯のモデルで中国勢との競争が激化している」(平井社長)という。iPhoneの新機種も近く発売される。この日は新たな出荷台数計画は示さなかったものの、一段と下振れする懸念もある。

 こうした中、12年に旧ソニー・エリクソンを完全子会社化した際に作った中期的な利益計画の達成は難しくなっている。会計ルールでは、将来の収益見込みが著しく悪化するなどした場合は、その事業の帳簿上の価値を引き下げる減損処理が必要になる。

 スマホ事業の減損で、ゲームやセンサーなどをあわせたエレキ全体でも500億円を超す赤字になる見通しだ。パソコン事業売却やテレビ分社化などをテコに黒字化を目指すが、新たに中核に据えた事業がさっそく足を引っ張った形だ。

 スマホ事業のリストラは、約7000人いる同事業の社員の15%にあたる1000人程度を削減する予定だ。スマホの販売地域や機種の絞り込みも検討する。

 今期は本社や海外販売会社の人員削減などで1350億円の構造改革費用を計上する。10月下旬以降の4~9月期決算発表時にスマホ事業の見直し策の詳細を示す考えで、リストラ費用は一段と膨らむ可能性もある。


5件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/8601-690763a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。