スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アベノミクスでも解消されない右肩上がりな生活保護世帯 

生活保護受給 160万世帯 最多更新

生活保護受給 7月160万世帯 最多更新

2014年10月8日 夕刊 東京新聞

 厚生労働省は八日、全国で生活保護を受けているのは七月時点で前月比四千五百八十世帯増の百六十万八千九百九十四世帯となり、過去最多を更新したと発表した。受給者数は前月比四千八百七十六人増の二百十六万三千七百十六人だった。

 世帯別(一時的な保護停止を除く)では、六十五歳以上の高齢者世帯が七十五万五千八百十世帯で全体の約47%を占める。

 前月から二千七百五十五世帯増加した。働ける世帯を含む「その他の世帯」は前月から七十七世帯減って二十八万二千五百九十四世帯だった。

 高齢者を中心に一人暮らしの人が増えていることが受給世帯数増加につながっており、厚労省の担当者は「独居で周りの人に頼れず、生活保護に至るケースが多い」と分析している。同省は今後の景気動向を注視する。


1件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/8657-bd009a72

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。