スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発は日本には全く必要のない発電所 

上関原発建設計画 埋め立て免許即時失効を 上関で反原発デー県民集会 山口

上関原発建設計画:埋め立て免許即時失効を 上関で反原発デー県民集会 /山口

毎日新聞 2014年10月26日 地方版

 中国電力が上関原発建設を計画している上関町で25日、「いのちの海を守れ!さようなら上関原発!10・25反原発デー県民集会」が開かれた。県内外から約1200人(主催者発表)が参加し、建設予定地を巡る県の海面埋め立て免許の即時失効などを求めるアピールを採択した。

 1963年、国内初の原子力発電が行われたことなどにちなんだ原子力の日(10月26日)に合わせ、住民団体「上関原発を建てさせない祝島島民の会」など3団体が主催した。

 埋め立て免許について、県は中国電力からの延長申請に対する判断を事実上先送りしている。島民の会の清水敏保代表はあいさつで「福島第1原発事故後も、知事は免許を不許可とせず先送りしている。地元をいつまで生殺しにするのか。自然を生かした安心安全な生活が実現するまで反対を訴えていく」と述べた。

 集会では、島民の会などが県を相手取った埋め立て免許取り消し訴訟の経過や、九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働反対の取り組みなどが紹介された。その後、参加者は「きれいな海を守ろう」「原発は要らない」とシュプレヒコールを上げ、町内をデモ行進した。【蓬田正志】

〔山口版〕


1件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/8705-b05a7689

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。