生への意識が高ければ原発反対となるはずだが 

「原発反対」 女性が多く 米子市民意識調査 鳥取大

2014年11月5日 日本海新聞

「原発反対」女性が多く 島大が米子市民意識調査

 島根大法文学部の研究グループは4日までに、島根原発(松江市鹿島町)から30キロ圏の米子市の市民を対象に原発への意識調査を行った結果、原発に反対の意見は男性より女性の方が多く、「家父長制家族観」の否定が反対に結び付く傾向が強いなどとするユニークな分析をまとめた。

 調査は法文学部の片岡佳美准教授(社会学)や同学部の研究グループが2~3月に実施。選挙人名簿から無作為抽出した1492人に郵送で用紙を送り、706人(回収率47・3%)から回答を得た。

 原発への不安や避難計画への考えのほか、男女の在り方や家族観なども設問に加え、原発への態度の男女比較や、態度の背景にある意識を調べた。

 原発への態度は男性の50・7%、女性の56%が「反対」だった。研究グループは女性で反対を選択した人について、「男は男らしく」「女は女らしく」「子は親に絶対従う」といった家父長制家族観を否定する傾向が強いとした。

 一方、男性については、「競争肯定」の意識が原発賛成を促す傾向がある半面、「格差意識」が高い人は原発反対の傾向が強いと分析した。

 片岡准教授は「産業中心の社会への揺らぎが原発に反対する人の意識にあり、それが出ているのでは」と話している。

 研究グループは今後、松江市でも同様の調査を実施する予定。


1件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/8730-463eae27