スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和憲法は人の英智とは何かを示す最高の法 2件 

憲法集会 1500人が参加 現政権への批判相次ぐ 京都
九条の会福岡県連絡会 「壊すな憲法」テーマに集会 各地から350人参加 福岡

憲法集会:1500人が参加 現政権への批判相次ぐ 東山 /京都

毎日新聞 2014年11月04日 地方版

 憲法公布から68年たった3日、憲法9条京都の会などが主催する「11・3憲法集会in京都」が3日、京都市東山区の市円山公園音楽堂であった。約1500人(主催者発表)が参加し憲法について考えた。

 集会では同会世話人の木戸衛一・大阪大大学院准教授(ドイツ現代政治・平和研究)が「ナチス独裁前夜のドイツと今の日本」と題して講演。木戸准教授は「政治と金」の問題が表面化しても安倍政権の支持率が下がらない事について「株価が上がり景気が良くなっているように見えるから下がっていない」と述べた。一方「ナチス独裁政権以前の政権でも緊縮財政を行い教育や医療、福祉に金が回らなくなり、色々な増税の政策をした」と説明。日本の現政権の増税政策との共通点を指摘した。

 そのほか、護憲を訴える「青年・若者の主張」などが行われた。最後に「集団的自衛権行使を容認するすべての立法や政策に反対する」との集会アピールを読み上げて閉会。参加者らは会場から京都市役所まで「憲法を守ろう」などと訴えながらデモ行進した。【村田拓也】



九条の会福岡県連絡会:「壊すな憲法」テーマに集会 各地から350人参加 須崎公園 /福岡

毎日新聞 2014年11月04日 地方版

 市民団体の「九条の会福岡県連絡会」は憲法が公布された「文化の日」の3日、中央区の須崎公園で「壊すな憲法 活(い)かそう九条」をテーマにした集会を開いた。各地の九条の会などから約350人が参加した。

 沖縄県宜野湾市在住のミュージシャン、KEN子さんが歌と語りを披露し、「沖縄が可哀そうだから負担を引き受けようではなく、みんなで基地をなくす運動をしよう」と呼び掛けた。今夏、国連欧州本部で核廃絶を訴えた高校生平和大使の西南学院高2年、城戸香音さん(16)も「平和への近道は、一人一人が力を合わせて戦争体験者や被爆者の話を次世代に語り継ぐことです」と語った。

 集会後、参加者らは繁華街をデモ行進し、「集団的自衛権行使は許さない」などとシュプレヒコールを上げた。【松本光央】

〔福岡都市圏版〕


2件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/8731-d67310f8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。