スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業の未払い賃金は窃取と同じ/不正受給も詐欺と同等/闘って不当リストラに対抗しよう 

「ラーメン四天王」 未払い賃金訴訟 神戸地裁が支払い命令 兵庫
「渡辺金属工業所」 助成金6141万円 不正受給 静岡
日本IBM 大リストラ許さない JMIU 本社前で宣伝 東京

未払い賃金訴訟:「ラーメン四天王」 地裁が支払い命令 /兵庫

毎日新聞 2014年11月15日 地方版

 大阪や兵庫などでチェーン展開している「ラーメン四天王」の元店長の男性(50)=神戸市長田区=が経営会社(横浜市)を相手取り、未払い賃金など計約643万円の支払いを求めた訴訟の判決が13日、神戸地裁(工藤涼二裁判官)であり、経営会社に計約347万円の支払いを命じた。

 判決などによると、男性は2008年11月~12年6月まで店長などとして勤務。同社では、出退勤時刻を記録したデータには、勤務時間に応じて休憩時間が自動的に打ち出されるようになっていた。工藤裁判官は「人員の配置状況からも、毎日の休憩時間が規定通りに取れていたとは思わない」とする一方、「労基法に定める休憩時間は取得していた」と認定した。【後藤豪】

〔神戸版〕



不正受給:磐田の金属加工会社が 国の助成金6141万円 /静岡

毎日新聞 2014年11月15日 地方版

 静岡労働局は14日、磐田市南田の金属加工業「渡辺金属工業所」が国の中小企業緊急雇用安定助成金約6141万円を不正に受給していたと発表した。

 労働局によると、同社は2009年10月から13年9月にかけ、出勤簿を偽造して勤務していた従業員が休業していたかのように装い、同局に助成金を申請していた。

 同社は既に一部返還に応じており、全額返還する意向を示しているという。【西嶋正信】



2014年11月15日(土) しんぶん赤旗

JMIU 大リストラ許さない
日本IBM本社前で宣伝


 日本IBMが1000人規模とも見込まれるリストラを始めたもとで、日本IBM解雇撤回闘争支援全国連絡会とJMIU(全日本金属情報機器労働組合)、JMIU日本アイビーエム支部は14日、リストラを許さないと、東京都中央区の日本IBM本社前で宣伝しました。出勤する労働者が次つぎとビラを受け取りました。

 IBMは10月、減収が連続したとして、「人員削減」費用6億ドル(660億円)を計上すると発表。このうち1割(66億円)が日本に割りあてられると予想されます。1000人であれば、日本IBM本体の人員の約1割にあたると見られ、今年末まで実施される恐れがあります。

 マイクを握った日本アイビーエム支部の大岡義久委員長は、退職面談が始まり、会社から「年内に仕事を見つけてくれ」といわれた労働者もいると告発。「リストラをやめさせ、技術力で勝負する会社に変えていこう」と訴えました。

 JMIUの生熊茂実委員長は、退職強要による人減らしと事業所売却によって利益を上げていると指摘し、「働く人を大事にしてこそ、技術、企業は発展する」と強調。三木陵一書記長は、「組合に入って退職強要が止まった人はたくさんいる。雇用を守るために、組合に入っていっしょにがんばろう」とよびかけました。


3件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/8758-f5dd2357

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。