スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1票の格差という違憲状態を放置したままの安倍政権に解散権はない 

1票の格差 最大2・14倍 2倍以上は13選挙区

1票の格差、最大2・14倍 2倍以上は13選挙区

2014年12月02日(最終更新 2014年12月02日 22時10分) 産経ニュース

 総務省は2日、衆院選公示に合わせて1日現在の選挙人名簿登録者数(有権者数)を発表した。全国295小選挙区の「1票の格差」は最大2・14倍で、格差2倍以上は13選挙区だった。今回衆院選から格差是正のための定数「0増5減」が適用されたが、最高裁が問題視する格差2倍以上が依然として残っている実態が明らかになった。

 総有権者数は1億424万9182人で、前回2012年衆院選時より11万1千人減った。有権者数の最多は東京1区(49万5724人、千代田区など)で、最少は宮城5区(23万1668人、石巻市など)だった。


1件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/8808-ff77df22

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。