スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民は問う、安倍政権は憲法違反のまま選挙へと突っ走るのか、たとえ当選しても衆議院議員としての資格はあるのか? 

一票の不平等 衆院選格差 最大2.14倍

一票の不平等 衆院選格差 最大2.14倍

2014年12月3日 朝刊 東京新聞

 総務省は二日、衆院選公示前日(一日)の全国の選挙人名簿登録者数(有権者数)について、在外投票の有権者も含め、一億四百二十四万九千百八十二人と発表した。小選挙区の有権者数が最も多いのは、東京1区の四十九万五千七百二十四人で、最も少ない宮城5区の二十三万一千六百六十八人と比べた「一票の格差」は二・一四倍だった。

 今回の衆院選から格差是正のため、小選挙区数が「〇増五減」されたが、依然として違憲判断の目安とされる二倍を上回ったままで、抜本的な改革が急務だ。

 格差が二倍以上になったのは十三選挙区だった。


1件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/8810-bf5512bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。