スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活保護受給は憲法上の権利、使い道を制限するものではなく、それを制限すれば人権侵害になる/子供に貧困の弊害を押し付けてはならない/病気は貧困だから発症する、そのメカニズムもわからずデマを垂れ流す国会議員はいらない 

大阪市 生活保護費 プリペイドカード支給 受給者権利侵害
社説 子ども貧困対策法1年 夢抱ける現実的支援を
片山さつき バカ丸出し 「ホームレスが糖尿病になる国…」

2014年12月30日(火) しんぶん赤旗

生活保護費
大阪市がプリペイドカードで支給
受給者の権利を侵害


 大阪市がカード会社と提携し、生活保護費の一部をプリペイドカードで支給する全国初のモデル事業を始めると発表し、波紋を広げています。橋下徹市長は26日の発表会見で「本来、全員カード利用にして記録を全部出させ、ケースワーカーが指導すればいい」などと発言しています。

 市は、家計・金銭管理が必要な受給者への支援に資すると強調しますが、専門家からは「受給者の権利侵害だ」との指摘が出ています。

 カードで支給するのは、食費や水光熱費など日常生活にあてる生活扶助費の一部、月3万円です。市と協定を結んだ三井住友カード発行のカードを用い、市が毎月入金。受給者がVISA加盟店で買い物する仕組みです。

 市は、2015年2月ごろから利用希望者を募り、半年から1年程度モデル実施。効果を検証し、16年度からの本格実施をめざす考えです。特定業種に対する使用制限や、1日当たりの利用限度額を設定することも想定しています。

 橋下市長の発言について、自治体情報政策研究所の黒田充代表は「受給者本人が保護費の使い道を決めるという憲法上の権利を侵すものだ。大阪市単独の動きではなく、生活保護費の抑制を狙う国の大きな流れの一環ではないか」と指摘します。

 全大阪生活と健康を守る会連合会(大生連)の大口耕吉郎会長は「受給者にとって何の利益にもならない。社会福祉士の資格を持った正規職員を増やし、一人ひとりに寄り添った、きめ細かな指導ができる体制の整備こそ必要だ」と述べています。大生連は、市に対し事業の中止を要請していくとしています。



【社説】子ども貧困対策法1年 夢抱ける現実的支援を

2014.12.30 11:56:00

 子どもの貧困対策推進法の施行から、間もなく1年を迎える。生まれ育った環境によって子どもの将来が左右されないよう、そして貧困が世代を超えて連鎖することのないよう、必要な環境整備と教育の機会均等を図るという目的の下、ことし1月に施行された。8月には国が基本方針の大綱をまとめたが、果たして進展はあっただろうか。

 厚生労働省が7月に発表した国民生活基礎調査では、平均的所得の半分を下回る世帯で暮らす18歳未満の割合を示す「子どもの貧困率」が、2012年に16・3%と過去最悪を更新した。6人に1人の子どもが、社会において当たり前とされる生活を営むことができずにいる。

 母子世帯が増え、働く母親の多くが非正規雇用であることも影響しているとされる。その率は経済協力開発機構(OECD)加盟34カ国の平均を上回っており、先進国の中でも日本は社会的格差が大きいという現実を、深刻に捉えるべきだ。

 児童養護施設を巣立つ子どもたちの自立を支援する認定NPO法人ブリッジフォースマイル(東京都)が、全国の施設で暮らす高校生を対象に行ったアンケートによると、卒業後の進路について、「希望する進路」では進学が36・2%だったが、「予想する進路」になると、進学は27・9%に落ち込んだ。希望と予想の進路の違いについての自由記述では、「学費が厳しい」という意見が多かった。

 学年が上がると、進路の「希望」も「予想」も「就職」が増えていく。18歳で退所した後、生活費と学費を自分で工面しなければならない子どもたちは、現実と向き合うにつれて「進学」の選択が難しくなる。一般高校生の大学進学率(短大・専門学校含む)が約7割に上る状況を踏まえれば、子どもが置かれた環境によって、希望にも格差が生まれていると言わざるを得ない。

 大綱では、貧困の連鎖を防ぐために教育支援を重点施策の一つに掲げ、大学も含めて進学に対する教育機会の提供を図るとしている。奨学金制度の充実など、どんな境遇にあっても道は開けていると、希望を抱けるような現実的支援が必要だ。

 子どもたちの夢に格差があってはならない。来年はこの法律が効果をもたらし、1人でも多くの子どもが、希望に向かって進むことのできる年でありたい。

【神奈川新聞】



田中龍作

2014年12月30日 19:37 BLOGOS

片山さつき議員バカ丸出し「ホームレスが糖尿病になる国ですよ」

 渋谷区により公園を締め出された野宿者たちの「越年・越冬」。2日目のきょう(30日)は、国際NGO『世界の医療団』が健康相談を行った。

 野宿者たちに つきもの の疾病は高血圧と糖尿病だ。過酷な生活と偏った食事が原因である。

 炊き出しはオニギリやライスなど炭水化物が多い。炭水化物は体内で糖分に変わる。野菜や果物は不足しがちだ。

 バランスよく、あれもこれも摂っての食事は、どだい無理である。糖尿病にならざるを得ない食生活なのだ。

 『世界の医療団』のある医師は「貧困層ほど糖尿病が多い。貧困な国ほど糖尿病が多い。そういうデータが出ている」と話す。

 生活保護削減の旗を振る片山さつき議員は、こうした当たり前の医療知識もないようだ。

 「本当に困窮して3食食べられない人がどれ位いると思う? ホームレスが糖尿病になる国ですよ」-週刊誌の対談で片山議員はバカ丸出しの発言をした。(週刊朝日2012年7月20日号)

 上述の医師は「そんな議員には世界のデータを見せたらいいんです」と憤る。

 とはいえ国民の圧倒的多数は、偏らざるを得ない野宿者の食事と糖尿病との因果関係を知らない。片山さつき議員の発言は、メディアで増幅されて一人歩きする。

 野宿者でなくても貧困層の食事は炭水化物が中心になりがちだ。バランスも悪い。 

 “ 生保受給者が糖尿病になる国ですよ ”。片山さつき議員の「バカ丸出し発言第2弾」が聞こえるようだ。


3件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/8890-d35646cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。