スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんな計算で出てきた数字なんだ/広告業界の雄も例外ではない 

年収1075万円以上対象で調整 新たな労働時間制度 厚労省
電通 希望退職300人

年収1075万円以上対象で調整 新たな労働時間制度、厚労省

2015/1/8 13:16 徳島新聞

 一定の要件を満たした労働者を残業代支払いといった労働時間規制の適用除外とする新しい制度について、厚生労働省が「年収1075万円以上」の人を対象とすることで調整していることが8日、分かった。同時に対象者への健康確保措置も盛り込む。厚労省は16日の労働政策審議会分科会で、労働基準法改正案の骨子を示す。

 新制度は政府が成長戦略に明記。今月に始まる通常国会で労働基準法の改正を目指し分科会で議論が続いていた。分科会は今月中に報告書をまとめる方針だが、「残業代ゼロ」「過労死を促進する」と批判する労働側委員の反発が予想される。



電通が希望退職300人

2015年1月8日18時0分 スポーツ報知

 電通は8日、早期退職者を募集すると発表した。3月末時点で満50歳以上の、勤続10年以上の社員に、2月5日まで300人募集。通常の退職金に加えて特別優遇加算金を支給し、再就職や独立を支援する。退職日は3月末。

 同社はデジタル事業や海外展開を加速しており、希望退職募集はそのための人事戦略の一環としている。過去の早期退職制度より加算金を増やす。


2件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/8910-bcfbbb45

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。