スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石油暴落で労働者にシワ寄せ 

BP 北海油田 300人削減

BP、北海油田で300人削減

By SELINA WILLIAMS And JUSTIN SCHECK

2015 年 1 月 16 日 02:04 JST THE WALL STREET JOURNAL

 【ロンドン】英石油大手BPは15日、北海油田の開発拠点となっているスコットランドのアバディーンで従業員約300人を削減すると発表した。英領北海が抱える困難をこれまでで最も明確に示す動きとなった。

 世界的に原油価格が下落する中、供給過剰を導いた原因の一つとして比較的新しい米国のシェール層開発に注目が集まっている。だが最も厳しい逆境に立たされているのは、すでに開発が長年続き、コストの高い北海などの鉱区のようだ。1バレル当たり75ドルを割り込む水準では、一部の北海産原油に関して利益の確保が難しくなる。

 BPは15日、北海油田で作業する約3500人のうち社員200人と請負業者に所属する100人を解雇すると述べた。北海での操業は継続しつつも、全社的なコスト削減計画の一環として人員削減に踏み切るという。

 北海部門を統括するトレバー・ガーリック氏は発表文で「厳しさを増す市況下、成熟した地域について十分指摘されてきた操業の難しさを踏まえ、事業の競争力と力強さを維持するための具体的な対策を講じる」と述べた。


1件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/8931-60708896

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。