資本主義経済の危うさを肌身で一番感じているのはアメリカ人かもしれない 

最低賃金時給15ドル 63%が賛成 米世論調査

2015年2月1日(日) しんぶん赤旗

最低賃金時給15ドル
63%が賛成
米世論調査


 【ワシントン=洞口昇幸】米世論調査会社ハート・リサーチ・アソシエイツがこのほど調査した結果によると、2020年までに米政府規定の最低賃金時給7・25ドル(約857円)を時給15ドル(約1775円)に引き上げることに賛成する回答者は、63%となりました。

 同調査会社は1月5~7日、成人1002人を対象にインターネットを通じて調査。結果を14日に発表しました。

 調査では20年までに引き上げる最低賃金の額をいくつか示し、賛否を問いました。最低賃金時給12・5ドル(約1479円)まで引き上げることへの賛成は75%、同11ドル(約1301円)までの引き上げへの賛成は71%でした。

 12年の大統領選時に野党・共和党が与党・民主党より多くの票を得た州だけをみても、同12・5ドルまでの引き上げの賛成は70%となっています。

 最低賃金を毎年、生計費の水準に合わせて調整・引き上げることへの賛成は82%でした。

 連邦議会の上下両院を共和党が多数を占める中、オバマ政権は最低賃金時給を10・10ドル(約1195円)に引き上げる法制定を議会に求めています。


1件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/8963-15ff0803