スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働者は会社の社畜とならず、闘う労組結成で勇敢な労働者へと変身せよ 

ウォルマート 最低賃金上げ AFL・CIO 「全労働者の勝利」 アメリカ

 格差大国アメリカでは現在も労働運動は活発だ、それに比べ日本の労組は御用組合化し官製春闘と揶揄される状況。闘うことが明日を拓く労働者に求められる。

2015年2月21日(土)  しんぶん赤旗

ウォルマート 最低賃金上げ
AFL・CIO 「全労働者の勝利」


 【ワシントン=洞口昇幸】世界最大の米小売業者ウォルマートは19日、米国内の店舗で働く従業員の最低賃金を政府規定の時給7・25ドル(約860円)から4月に9ドル(約1070円)に引き上げ、来年2月から現従業員の最賃時給を10ドル(約1190円)に引き上げることを発表しました。約50万人の従業員が賃上げになります。

 来年から新たに雇われた従業員は時給9ドルから始まり、半年間の研修期間と訓練を経てから10ドルに引き上げるとしています。

 従業員や支援者らはここ数年、公的支援に頼らなければ生活できない多くの従業員の状況を示し、生活できる賃金・雇用形態などを求めてストライキなどを実施してきました。

 昨年は、ウォルマートの創業者(故人)の親族4人の資産評価額が合計1500億ドル(約17兆8500億円)を超えたことも発覚し、労働者を低賃金で働かせている同社への批判がさらに高まりました。

 同社のダグ・マクミラン最高経営責任者は昨年12月、「従業員を大事にする給与制度を持たなければ、優れた事業運営はできない」と最賃引き上げの意向を示していました。

 発表について米労働総同盟産別会議(AFL・CIO)のトラムカ議長は同日に声明を出し、「米最大の雇い主に立ち向かっている全ての勇敢な労働者と活動家の勝利だ」としています。


1件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/9001-d5ad6e23

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。