スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の流行語大賞は『違憲』に決定 

広島高裁松江支部 昨年衆院選 「違憲状態」 

松江支部も「違憲状態」 昨年衆院選、1票の格差

2015年3月25日 11:14 琉球新報

 「1票の格差」が最大2・13倍だった昨年12月の衆院選は違憲として、二つの弁護士グループが全国で選挙やり直し(無効)を求めた訴訟の判決で、広島高裁松江支部(塚本伊平裁判長)は25日、「違憲状態」と判断した。無効請求は棄却した。

 午後には名古屋高裁金沢支部(内藤正之裁判長)、高松高裁(生島弘康裁判長)、福岡高裁(高野裕裁判長)でも判決。

 弁護士グループは全国14の高裁・高裁支部に全295選挙区の選挙無効を求めた計17件の訴訟を起こしており、松江支部を含めた6判決は「違憲状態」5件、「合憲」1件。

(共同通信)


1件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/9050-66ef4c63

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。