スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「非常に残念」では済まされない労働者たち 

四国計測工業 西条工場 3月末廃止 従業員約190人は

四電子会社四国計測工業 西条工場を月末廃止

2015年03月25日(水) 四国新聞

 四国電力の完全子会社で計測器や発光ダイオード(LED)照明などを製造している四国計測工業(香川県多度津町、津田富造社長)が3月末で愛媛県西条市ひうちの西条工場を廃止し、半導体製造請負事業から撤退することが24日、分かった。四国計測工業経営管理室は「工場を廃止せざるを得なかったのは非常に残念。半導体業界のコストダウンについていけなかった」と説明している。

 四国計測工業の西条工場は1984年、三菱電機の西条工場(現・ルネサス セミコンダクタ マニュファクチュアリング西条工場)操業開始に伴い設立。自社と、近くにあるルネサスの工場で半導体を製造していた。最盛期の96年には売上高195億円、従業員約500人と業容を拡大したが、国際的な競争激化などの影響で2000年に自社の生産ラインを停止し、近くのルネサスの工場で製造請負事業を続けている。

 同社によると、14年11月の取締役会で工場廃止を決定し、社員に通知。15年2月に希望退職者を募った。従業員約190人のうち数人が既に離職。4月以降、約20人は社内で配置転換し、希望退職に応じた約160人のうち半数は事業を引き継ぐ総合人材派遣会社ワールドインテック(福岡市、伊井田栄吉社長)など3社に再就職するという。


1件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/9051-20af694a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。