スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなにうまい具合には失業率は解消しないが、労働から疎外されていては生活できない労働者/安価な労働力はもう地球上のどこにも存在しないぞ 

ユーロ圏失業率 3月 横ばい 11.3%
高水準最低賃金求め 労働者2000人  デモ ミャンマー

2015.4.30 18:52更新 産経ニュース

ユーロ圏失業率、3月は横ばいの11.3%

 欧州連合(EU)統計局は30日、ユーロ圏19カ国の3月の失業率(季節調整済み)が前月と同じ11.3%だったと発表した。主要国はドイツが域内最低の4.7%、フランスが10.6%で、いずれも前月から横ばい。イタリアは13.0%となり、0.3ポイント悪化した。

 金融支援をめぐるEU側との協議が依然まとまらないギリシャは1月時点で域内最高の25.7%だった。昨年12月より0.2ポイント改善した。

 EU28カ国の3月の失業率は前月から横ばいの9.8%だった。(共同)



2015/04/30 日本の人事部

ミャンマー 労働者2千人、高水準の最低賃金設定求めデモ

ミャンマー人労働者2,000人以上がメーデーの5月1日にヤンゴンで、検討中の法定最低賃金を5,600チャット(約620円)に設定することを求めるデモを実施する予定だ。現地紙ボイスが28日に報じた。

労働者側の相談役を務める弁護士タイ氏は、「8時間労働で最低賃金を日額5,600チャットに設定することを求め、マヤンゴン、ライン、カマユの3郡区で平和的にデモを実施する」と述べた。警察からの許可も既に得たという。

1日のデモでは、勾留されている労働者や農民の解放のほか、人権の保護なども訴える予定。

■高水準に警戒感=労相

エイ・ミン労相は25日、企業経営者らとの会合で、ミャンマーの最低賃金の設定について、「タイは(急激な引き上げで)中小工場が閉鎖に追いやられ、カンボジアでは最低賃金を定めた後、工場がバングラデシュに移転した」と話し、高水準に設定することに警戒感を示した。26日付政府系英字紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが伝えた。


2件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/9098-0a1d8628

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。