スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働者は簡単に解雇されてはたまらない/東京で失業率増加なら地方はどうなる 

ブルームバーグ 2度目の解雇「無効」 元記者勝訴 東京地裁
1~3月 東京都の"完全失業率" 3.8%に悪化 男性失業者増加

2015.5.28 21:33更新 産経ニュース

2度目の解雇も「無効」 元米通信社記者が勝訴

 米通信社ブルームバーグと同社東京支局元記者の日本人男性(53)が、雇用関係にあるかを争った訴訟の判決で、東京地裁は28日、「解雇は不合理で無効だ」として雇用関係を認めた。

 男性は以前の訴訟で勝ったが、ブルームバーグは記者職以外への復帰を提案、協議に応じないことを理由に再び解雇していた。鷹野旭裁判官は「提案に応じる義務はなく、拒否しても責任はない」と述べた。

 判決などによると、男性は平成17年11月に中途採用。週1本の特ダネ記事を求められ、目標を達成できなかったとして22年8月に解雇された。解雇は無効と提訴し、1、2審で認められたが、25年3月に再び解雇通知を受けた。

 判決後に記者会見した男性は「会社は復職させまいと無理な理屈で訴えており、勝訴は当然だ」と話した。一方、ブルームバーグは「判決を残念に思う。引き続き解決に努めたい」とコメントした。



東京都の"完全失業率"、3.8%に悪化--1~3月、男性の失業者が増加

御木本千春  [2015/05/28] マイナビニュース

東京都は27日、2015年1~3月期平均の「東京の労働力」を発表した。それによると、東京都の完全失業率は3.8%となり、前年同期より0.2ポイント悪化した。

完全失業率を男女別に見ると、男性は前年同期比0.2ポイント上昇の3.9%、女性は同率の3.6%となった。完全失業者数は同1万1,000人(4.0%)増の28万5,000人。男女別では、男性が同1万2,000人(7.6%)増の17万人、女性は1,000人(0.9%)減の11万5,000人となった。

労働力人口は同4万2,000人(0.6%)増の756万人。男女別では、男性が同2万人(0.5%)増の434万4,000人、女性が同2万3,000人(0.7%)増の321万6,000人となった。

就業者数は同3万2,000人(0.4%)増の727万6,000人。男女別では、男性が同7,000人(0.2%)増の417万4,000人、女性が同2万5,000人(0.8%)増の310万2,000人となった。

非労働力人口は同2万6,000人(0.6%)増の430万6,000人。男女別では、男性が同1万3,000人(0.9%)増の148万3,000人、女性が同1万3,000人(0.5%)増の282万3,000人となった。


2件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/9126-bc919bb5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。