スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働者はブロイラー並みの扱いだが肥え太るのは経営者と資本家のみ 2件 

マレーシア航空 約6000人リストラ 解雇通知送付 再雇用オファーも
JPモルガン 5000人以上削減へ アメリカ

労働者はブロイラー並みの扱いだが肥え太るのは経営者と資本家のみ

2015年5月29日 AsiaX

マレーシア航空、6月1日に解雇通知を送付 再雇用オファーも

〈クアラルンプール〉

経営再建が本格的に始動したマレーシア航空(MAS)のクリストフ・ミュラー新最高経営責任者(CEO)は英字紙『ザ・スター』の独占インタビューの中で、2万人の従業員に対する解雇通知や新会社での再雇用オファーは6月1日に送付されると明らかにした。

同CEOは、経営再建を巡り従業員には長きに渡り負担を強いてきたとコメント。解雇通知を送付することで再就職や別の職場での転職などそれぞれの人生を歩みだすことができると述べた。新会社でのポジションがオファーされる従業員は、2万人の3分の2程度となるとみられている。オファーされた従業員は6月12日までに新たな雇用条件での勤務を希望するか否かの意思表示をする必要がある。再雇用の条件などは全て明確にされるという。

充分な数の再就職希望者が集まらない場合は、解雇通知を既に送付した従業員に対して再雇用を提示することも考えているという。

およそ6,000人がリストラされることになる。解雇される従業員には慰謝料が支払われる他、再雇用を決めた従業員にもボーナスが支給される。

一部の従業員には短期契約での再雇用が提示される予定だ。

ミュラーCEOは、新会社はブランドなどすべてが一新、規模は縮小され、域内路線に注力することとなりこれまでよりも少ない数の従業員を必要とすると指摘。悲しいが一部の従業員をリストラせざるを得ないと述べた。新会社は9月1日から旧MASの資産や負債を引き受けることになる。段階的に事業の再編を行い、一部の機能は外部委託することになるという。

提供:マレーシアナビ!



JPモルガン、来年までに5000人以上を削減へ=関係筋

2015 年 5 月 29 日 03:30 JST THE WALL STREET JOURNAL

 米金融大手JPモルガン・チェースは、来年までに5000人以上の従業員を削減する見込みだ。事情を知る複数の関係者が明らかにした。

 JPモルガンは数カ月前からすでに人員を削減しており、来年までの削減数は全従業員の少なくとも2%に上るとみられる。

 ジェームズ・ダイモン会長兼最高経営責任者(CEO)は27日、5570支店において業務のハイテク化を進める中で、向こう2年間に各支店では平均して従業員数が1人減ることになるとの見通しを示していた。ただ、これは主に自然減によるものだと説明した。

 一方、今回の人員削減はより幅広く実施する計画で、4つの主要事業部門すべてが対象となる。また、過去数年間で大きく拡大した法務やコンプライアンス部門の従業員も減らすもようだ。

 JPモルガンは人員削減についての詳細を明らかにしていないが、2月の投資家向け説明会では広範な経費削減計画を発表していた。関係者の1人によると、この数カ月間で5000人のうち1000人以上がすでに解雇通知を受けたが、同社が利益率目標の達成に向けて経費削減を進める中で、その数はさらに増える見込みだ。

 ただこの関係者は、JPモルガンは年間約4万人の社員を新規採用しているため、必ずしも従業員の総数が減少し続けることにはならないとも指摘した。また、昨年住宅ローン事業などで実施した7900人の人員削減ほど大規模にはならない見通しだとした。


2件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/9127-20f62f92

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。