スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働者の隣で息をひそめている労災という名の死神 2件 

ファミリーマート店長 「過労で脚立から落ち死亡」 遺族提訴 大阪
自動車道建設現場 作業員4人死傷事故 労基監督官4人も調査 北海道

朝日新聞デジタル

ファミマ店長「過労で脚立から落ち死亡」 遺族が提訴

2015年6月5日11時29分

 2年前、コンビニチェーン「ファミリーマート」の男性店長(当時62)が勤務中に脚立から落ちて死亡したのは長時間残業で意識を失ったのが原因だとして、大阪府大東市の遺族が当時のオーナーと運営会社に慰謝料など約5800万円の損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。会社側は5日の第1回口頭弁論で請求棄却を求めた。

 提訴は4月10日付。訴状によると、男性は2011年4月ごろから大東市の店舗(閉店)で働き始め、12年4月からは隣の門真市の店でアルバイトもしていた。大東市の店で1人で働いていた同12月、脚立のそばで倒れているのを客が発見。13年1月、急性硬膜下血腫で亡くなった。

 遺族側は、勤務中に男性がサインした郵便物の伝票の時刻などから、男性は死亡前の半年間に月218~254時間の残業をさせられ、厚生労働省の過労死認定ライン(2カ月以上にわたり月平均80時間)を超えていたと主張。オーナーには過酷な働かせ方をした責任があり、フランチャイズ契約を結ぶファミリーマート社は店舗への適切な指導を怠ったとしている。

 同社広報室は「係争中なのでコメントは差し控えたい」としている。



2015.6.5 12:47更新 産経ニュース

転落現場の実況見分続ける 北海道警 作業員4人死傷事故

 北海道木古内町の函館江差自動車道の建設現場で、足場から谷に落ちるなどして作業員4人が死傷した事故で、道警は5日も現場を実況見分し原因調査を続けた。函館労働基準監督署の労働基準監督官4人も調査に当たった。

 木古内署はけがをした3人の名前などを発表。谷に落ちた会社員、奥本健太さん(39)=函館市新川町=は骨盤骨折の重傷を負った。転落を免れた会社員、佐藤浩勝さん(56)=同市石倉町=が左足骨折の重傷、会社員、安田勇太さん(21)=厚沢部町=も左膝付近に擦り傷を負った。同署は事故が起きた4日、奥本さんを40代としたが、訂正した。

 事故では、谷に落ちた八雲町の会社員、斉藤貢さん(45)が死亡した。


2件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/9134-060ece0a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。