スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハローワークでの入口規制が必要だ 

「スワロートラック」 求人票約束違反 運転手提訴 残業代不払い 東京

提訴 求人票約束違反 残業代求め、東京の運転手

毎日新聞2015年8月4日 東京朝刊

 運送会社「スワロートラック」(東京都江戸川区)の運転手、佐々木和義さん(43)=東京都あきる野市=が、ハローワークの求人票に記された労働条件と実際の労働条件が違ったとして、同社に不払いの残業代など205万円の支払いを求め東京地裁に提訴した。求人票の労働条件と実際の労働条件の違いについては、厚生労働省も対策に取り組んでいるが、提訴は珍しい。

 訴状などによると、佐々木さんは2014年10月、「基本給28万~35万円、時間外労働月30時間」などと書かれた同社の求人票をハローワークで見て応募、採用された。だが実際の契約では、基本給は地域の最低賃金を基にし、残業代は定額支払いとされた。佐々木さんは「詳しい説明がないままサインした。求人票での契約が成立している」と主張。実際の残業は月30時間を超え、求人票の労働条件で残業代などを計算すると、8カ月間で200万円を超える不払いがあったとして請求した。スワロートラックは「訴状の内容を承知しておらず、コメントできない」と話している。【東海林智】


1件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/9200-004ab75e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。