スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働時間を改竄し残業代を払わず儲けを独り占めするブッラクの典型 

「まいどおおきに食堂」 長時間労働と賃金未払い容疑 書類送検 大阪

 飲食業で儲かるのは経営者と一部の者だけで従業員は低賃金でこき使われることが多いらしい。さらに労働時間をごまかされ残業代までもらい損ねる。
 よく聞かれる何分以下は残業代は出ないという誤魔化しは労働法には通用しない。

2015.8.28 07:57更新 産経WEST

「まいどおおきに食堂」のフジオフードシステムと店長ら書類送検 長時間労働と賃金未払い容疑

 「まいどおおきに食堂」や「串家物語」などの飲食店を運営するフジオフードシステム(大阪市北区、ジャスダック上場)が従業員に違法な長時間労働をさせ、残業代の一部を支払っていなかった疑いが強まったとして、大阪労働局は27日、労働基準法違反の疑いで、法人としての同社と店長ら16人を書類送検した。

 書類送検容疑は平成26年1~3月、府内と京都市内の計17店舗で働く正社員とパート計19人に対し、時間外労働(残業)の労使協定の限度時間を、最大で月88時間超えて労働させた。さらに、このうち正社員2人については、割増賃金(残業代)計約27万円を支払わなかったとされる。

 正社員の労働時間は、上司の店長や地域マネジャーが実際よりも短くなるよう改竄(かいざん)していたという。


1件の記事を引用しました

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/9215-08a324f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。