FC2ブログ

労働契約法 第二十条 

労働契約法には以下の条文があり非正規労働者であることを理由とした不合理な差別が禁じられています。

労働契約法
(期間の定めがあることによる不合理な労働条件の禁止)
第二十条
 有期労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件が、期間の定めがあることにより同一の使用者と期間の定めのない労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件と相違する場合においては、当該労働条件の相違は、労働者の業務の内容及び当該業務に伴う責任の程度(以下この条において「職務の内容」という。)、当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して、不合理と認められるものであってはならない。

 先日行われた団体交渉において、日本管財株式会社は、組合員が嘱託、パート労働者であることを理由とし、春闘要求の主要求であるベースアップや賞与の対象としてみなしていないと主張しました。
 この主張が上記労働契約法の二十条に抵触する不法な主張であることを全く理解していません。

 組合員の仕事の内容が正社員と全く変わらないことはすでに法廷で認めています。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seibanlocalunion.blog45.fc2.com/tb.php/9256-2643d2c6